python3の日記

Python3を図書とともに勉強していくブログ

【SoloLearn】例外&ファイル-Files②

f:id:pokita:20180527162737p:plain

SoloLearn-Exception & Files-Reading Files

 

fileで読み込んだテキストデータをどう処理するか、これこそがPythonの言語分析機能の見せ所!といっても、世間で言うところのPythonの評判はライブラリの拡張機能の方。今回はその基礎の基礎、データの基本的な読み込みについて。

 

まずは第1項。

 

The contents of a file that has been opened in text mode can be read using the read method.

readメソッドを使うことで、textで開かれたfileの中身を読み込むことができます。

file.readメソッドで戻される値はすべて文字列となる。

file = open("filename.txt","r")

cont=file.read() #←contにはfilename.txtに含まれている全文字列が格納される

print(cont)

file.close

 

次に第2項。

 

To read only a certain amount of file, you can provide a number as an argument to the read function. This determines the number of bytes that should be read.

read関数に数字の引数を与えることで、一定度の量のfileを読み込ませることができる。これによって、読み込ませるバイト(2進法、2の8乗分の情報)を決めることができる。

You can make more calls to read on the same file object to read more of the file byte by byte.With no argument,read returns the rest of the file.

同じfileオブジェクトを読み込むために、もっと多くの呼び出しを行うことができます。引数を指定しないと、readはファイルの残りの部分を返します。

 

file=open("newfile.txt","w")

file.write("This is a new shit.")

file = open("newfile.txt","r")

print(file.read(1))

>>>T

print(file.read(2))

>>>hi

print(file.read())

>>>s is a new shit.

 

ご覧の通り、fileオブジェクトは文字列itemを格納したiteratorであることがわかる。iteratorについてはここを参考にしてほしい。

python3.hatenadiary.jp

f:id:pokita:20180513212423j:plain